ホーム | -----E > Edition Omega PointToshi Iciyanagi (一柳慧) "ミュージック・フォー・ティンゲリー" [CD]
商品詳細

Toshi Iciyanagi (一柳慧) "ミュージック・フォー・ティンゲリー" [CD]

価格: 2,500円 (税込)
Label: Edition Omega Point - OPA-005

あの横尾忠則の激レア・ピクチャーディスクで国内外のアヴァン・マニアにはダントツの人気を誇る一柳慧。その最も疾走していた60年代に数多く創られた、ほとんど紹介されていないテープ作品をリリース!ジャン・ティンゲリーの動く彫刻の音を使った「ミュージック・フォー・ティンゲリー」の詩的なジャンク音楽もすごいが、ライブ・エレクトロニクスによる「アピアランス」の超絶ノイズ空間には、ただただ悶絶するのみ。奇跡的に残されていたこの初演の録音は、ジョンケージとデヴィッド・チュードアが参加しているという絶句するしかない驚愕内容!そしてさらに、大阪万博で使われた「生活空間のための音楽」は、建築家黒川紀章の建築論を初期のコンピュータによる合成音声が読み上げる、音楽なのかどうかワカラナイ摩訶不思議な作品。一柳氏本人により初めて明かされる作曲の経緯も興味深く、かつ重要な資料である。

>>SAMPLE<<

>>SAMPLE<<

>>SAMPLE<<

track 1: "Music for Tinguely" (1963) 10'01"
track 2: "Appearance" (1967) 20'36"
track 3: "Music for Living Space" (1969) 8'52"

Ichiyanagi is the best known composer for domestic and foreign avant-garde music fans. Especially in his brilliant 60's, he made many great tape music. But most of them has not published on discs or issued for very small edition.
This CD consists of his obscure three tape works. "Music for Tinguely" was made from junk objects of kinetic sculptor Jean Tinguely. "Appearance" is live electronic music. It was not only premiere performance but also John Cage and David Tudor participated in performance. Very noisy and hard core!! "Music for Living Space" was composed for inner space of 'Sun Tower' of World Expo in Osaka. Computer generated voice reads architect Kisyo Kurokawa's manifest. strange!!