ホーム | -----E > edition zerosoNobuki NISHIYAMA (西山伸基) "residue" [LP]
商品詳細

Nobuki NISHIYAMA (西山伸基) "residue" [LP]

価格: 3,080円 (税込)
数量:
Label: edition zeroso ZRS-002

シルク刷りのジャケットにて限定100部、超高密度な凄まじいサウンドです!!イベント及びレーベルとてして動く"0奏"の3タイトル目は創設メンバーの一人である西山伸基 氏のソロLP!!

edition zeroso第三弾、Nobuki Nishiyamaによる初のフルレングス作品をお届けします。
『residue』は、音響機器における誤用や誤設定の産物です。位相の乱れ、フィードバック、干渉、これらはステージ上での演奏の意図を正確に反映し得ないとして、演奏者/エンジニア双方から忌み嫌われるものですが、しかしライヴ・サウンド・エンジニアでもある西山は、その忌むべき要素が生み出す、予期できない音の動きに抗いがたい魅力も感じてきました。本作は、意図的にそれらの現象を、実際の音響機器、およびコンピュータ内部で引き起こしたものです。
作品は極めてシンプルで基本的な信号のルーティングで成り立っており、いくつかのオシレーターとフィルター、エフェクトだけがオーディオ信号とパラメータの信号に並べられています。ただしそれらには相互にフィードバックとLFOによる干渉が生じており、単純なオシレーターの信号音に微音階的で不安定ながらも豊かな──同時にいびつで不快でもある──ゆらぎや振動を生み出しています。
音の「現象」としてのこの「ゆらぎ・振動」は、決して新しいものではなく、古くから無数の音楽家によって実践されてきました。一方で、排除されてきたものでもあります。『residue』は、多くの場合において「切り捨てられるべきもの」として拒絶されがちな事柄について、迂遠ながらも今いちど記録したものです。

限定100枚、ナンバー入り、ダウンロードコード付き
*手摺りのシルクスクリーン印刷のため、ジャケットは一点一点仕上がりが異なります。御了承下さい。

Tracklist:
A1. Hz Rte 01
A2. moot
B. Hz Rte 02

Written, Produced and Mastered by Nobuki Nishiyama
Recorded at Soup, Ochiai, Tokyo 2019-2020
Art Direction & Designed by Miho Ino

>>SAMPLE<<

>>SAMPLE<<

■profiles
Nobuki Nishiyama:
京都出身。エレクトロニック・ミュージックのプロデューサー。明確な楽曲性からは一歩距離を置き、フィードバックや位相のズレ、LFOによるゆらぎなどによって生じる自然発生的な音響現象をまとめあげる。いくつかのデジタル・プラットフォームでのリリースを経て、2020年LP『residue』発表。
また、2000年代中頃から新宿区落合の地下空間soupを友人たちとともに運営、国内外におけるライヴ・サーキットへと無数に携わっている。インディペンデント・レーベル/イベント・シリーズ「0奏 (Edition Zeroso)」コ・ファウンダー。

edition zeroso is pleased to announce the first full length release from Japanese producer/live sound engineer Nobuki Nishiyama.
"residue" is the product of erroneous usages and settings of acoustic devices. Phasal disarray, feedback, interference: none of these can be accurately produced on stage through the performers' intentions, and as such, they are normally abhorred by both performers and engineers. Nishiyama works as a live engineer but he has come to feel an irresistible attraction towards the unpredictable movements of sound produced by these abhorrent elements.
This work is made up those types of phenomena, deliberately produced on acoustic devices or within computers. It is created using extremely simple and basic signal routing: the audio and parameter signals are passed through several oscillators, filters and effects units. The reciprocal feedback and low frequency oscillations between the devices creates interference, bringing microtonal instabilities and rich (and simultaneously warped and unpleasant) fluctuations and vibrations to the simple sound of the oscillators.
As a sonic phenomenon, these fluctuations and vibrations are of course nothing new, and innumerable musicians have deployed them over the years. However, they are also elements that have long been excluded. "residue" is a record of those things which are more usually seen as appropriate for disposal.

■profiles
Nobuki Nishiyama
Kyoto-born, and currently Tokyo-based electronic music producer.
He places his own work at a deliberate distance from composed musical forms, instead choosing the explore the accrual of naturally occurring acoustic phenomena such as feedback, phase-correlation, and LFO fluctuation, etc.
After releasing his music on several digital platforms, he released his LP "Residue" in 2020.
Since the mid-2000's with some friends he has been running soup, a small independent music venue and collective in Tokyo. Co-founder of the independent label/event series edition zeroso (0奏).